借換えはメリットもデメリットもあることを知ろう

キャッシングやカードローンを借換えることは、何らかのメリットがあるからこそ実行するのです。しかし、借換えにはデメリットもありますので、それも正しく認識してから利用しなければならないでしょう。

まずどんなメリットがあるのかというと、借換えによって利息の支払い負担を軽減することが見込めます。たとえば金利が年18%のキャッシングを年15%のカードローンに借換えれば、差し引き3%分の金利が節約できるのです。これは利用者にとっては、間違いなく大きなメリットと言えるでしょう。しかし、15%を18%に借換えてしまったら、逆に3%の負担増となってしまいます。それゆえ事前の金利確認は必須です。

また、借換えのデメリットは、その手続きをする手間暇がかかるということです。たとえば上記のように金利3%の節約なら、わざわざ手間暇をかけるだけの価値はあるでしょう。しかし1%程度の節約なら、人によってはメリットが小さくて手続きをする価値はないかもしれません。ですから金利何%なら借換えて得するのかは、事前にシミュレーションなどを行って確認しておくべきでしょう。

ちなみに借換え先として手頃なキャッシング会社を自分で探すのも、手間暇がかかって大変だと感じることも少なくありません。確かにネット検索などで比較的簡単に探せるという側面もありますが、そうやって探し出した会社が、自分にも本当にお得な借換え先になるのかどうかは、詳細を確認するまでは分かりません。